宍粟老松の歴史 | 日本酒発祥の地、兵庫老松の酒

周囲が山に囲まれた盆地にある山崎城1万石の
城下町山崎は、山から湧き出る豊富な水と
良質な米に恵まれております。

海抜150mで大阪や姫路より平均気温が
3℃~5℃位低く、身も凍る厳寒期に
寒造りの低温長期発酵によって、
手作りの美酒が誕生します。

 

永い時間でここに住み着いている酒の酵母菌が
老松の味を生み出しています。
開封したお酒が今、歴史を語り始めます。

ページトップへ▲