匠の技と、しそうの風土で醸した銘酒

老松酒造の歴史

酒蔵

周囲が山にかこまれた盆地にある山崎城1万石の城下町、山崎は、山から湧き出る豊富な水と良質な米に恵まれております。

海抜150mで大阪や神戸・姫路より平均気温が3℃~5℃位低く身も凍る厳寒期に、寒造りの低温長期発酵によって手造りの美酒が誕生します。

酒蔵イメージ

老松は、明和5年(1768)創業の山崎藩御用酒屋であり、現在まで二百四十余年の歴史を有し丹波杜氏の匠の技で伝統の味を現在にまで伝え守り酒造り一筋に参りました。

酒造りを知るうえでも興味深い『老松の酒蔵』。昼なお暗い蔵の中でひんやりとした空気に触れたとき、柱の傷が、格子戸が、往時からの歴史を物語りはじめます。

旧酒蔵の杜氏と大樽 蔵人達

永い時間でここに住み着いている酒の酵母菌が老松の味を生み出しています。開封した、お酒が今歴史を語り始めます。


杜氏

※杜氏(とうじ)とは・・・蔵人の監督者で、酒蔵の最高製造責任者のことです。

川田 亨 杜氏

川田 亨 杜氏

18歳より経験を積み重ね、30年以上酒造りに携わっている丹波杜氏。

尾崎晶・前杜氏より、老松酒造のお酒造りを仕込まれ、今杜氏をつとめています。

まじめで綺麗好きな性格が、いつも綺麗に清掃された蔵をつくり、寡黙でこつこつと酒造りに取り組む姿勢が、老松酒造の味を生み出しています。

江戸時代からの伝統の味を現代に生かした「老松酒造こだわりの銘酒」はこちら!